KYOTO UNIVERSITYFOUNDED 1897KYOTO JAPANCHANGE FOR THE BLUE海の未来を変える挑戦 KYOTO UNIVERSITYFOUNDED 1897KYOTO JAPANCHANGE FOR THE BLUE海の未来を変える挑戦

TEAM
ABOUT

ABOUT

SL SCIENCE LEAGUEってなに?

※本事業は2022年3月31日をもって終了しました。アーカイブとしてこのウェブサイトを保存します。
市民サイエンティストとして
研究者とともに環境問題を解き明かす

私たちが暮らす地球の環境は、無数の未解明な課題で溢れています。
この課題を解明するには、みなさんの力が必要不可欠です。

サイエンス・リーグには、複数のチームが登場します。
みなさんは共感するチームに「サイエンティスト」として参加することができます。
あなたの調査協力が環境課題への解明へと近づく力となります。

研究者とともにサイエンティストとして調査に参加してみませんか?

力を合わせて自然の未来を科学しよう

ABOUT

TEAMSCIENCE LEAGUE所属チーム

地Q

地Q問うことで知る知ることで問う

環境に目を向ける・行動をおこすためには、現状、私たちが置かれている環境の正しい情報を得ることが重要です。研究者がもつ正しい環境情報を「地球からの問い」として問題を出題する問いのプラットフォームを提供します。小学生から大人まで楽しく参加できる問いのプラットフォームを運用することで継続的な環境情報の提供を実現すると同時に生活者の認識のズレを把握することで今後の環境情報を伝える際に役立つ認識差の把握を目指します。

GOAL研究者がもつ正しい環境情報を継続して届ける

  • 伊勢 武史

    伊勢 武史

  • 伊藤 真<

    伊藤 真

  • 打田 篤彦

    打田 篤彦

  • 村上 弘章

    村上 弘章

PicSea

PicSeaみんなのカメラで海洋ゴミの今を知る

人工知能を活用し、浜辺や水辺のゴミの画像からゴミの自動識別を行うチーム「PicSea」。市民ボランティア(市民サイエンティスト)とともに協力し、スマートフォンで撮影し集積された画像に含まれるごみを人工知能で自動識別することで 、日本の浜辺・水辺で起きている深刻な環境問題の原因解明を目指す。手作業では到底不可能なビッグデータの収集を市民サイエンティストとチームとして協力する 市民参加型研究/シチズンサイエンスを実施する。

GOAL海洋ゴミの状況を解析し発生原因を特定する

  • 伊勢 武史

    伊勢 武史

  • 大庭 ゆりか

    大庭 ゆりか

  • 亀岡 大真

    亀岡 大真

  • 芝田 篤紀

    芝田 篤紀

  • 友尻 大幹

    友尻 大幹

  • 髙屋 浩介

    髙屋 浩介

  • 吉野 月華

    吉野 月華

COMING SOON...所属チーム随時募集中!!

COMING SOON...所属チーム随時募集中!!

COMING SOON...所属チーム随時募集中!!

MEMBERSCIENCE LEAGUE所属研究者

  • MEMBER

    伊勢 武史
    (情報科学/生態学)

  • MEMBER

    大庭 ゆりか
    (環境科学/森林生態学)

  • MEMBER

    伊藤 真
    (動物行動学)

  • MEMBER

    打田 篤彦
    (社会心理学)

  • MEMBER

    亀岡 大真
    (林学/地域研究)

  • MEMBER

    芝田 篤紀
    (地理学/自然地理学)

  • MEMBER

    友尻 大幹
    (生態学/地域研究)

  • MEMBER

    村上 弘章
    (環境DNA/水産学)

  • MEMBER

    髙屋 浩介
    (動物生態学)

  • MEMBER

    吉野 月華
    (地理学/地域研究)

MEMBER

CONTACTお気軽にお問い合わせください

  • お名前必須

  • ふりがな必須

  • 所属

  • メールアドレス必須

  • メールアドレス(確認)必須

  • 問い合わせ内容必須

SNS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • youtube
  • note
  • 地Q
  • PicSea
  • KYOTO UNIVERSITY FOUNDED 1897
  • KYOTO UNIVERSITYFOUNDED 1897KYOTO JAPANCHANGE FOR THE BLUE海の未来を変える挑戦
  • RE:CONNECT
© RE:CONNECT 日本財団 京都大学共同事業