2020/02/13

京都大学・日本財団森里海シンポジウム(2020年3月21日)登壇者情報

※新型コロナウイルスの感染状況に鑑み、本シンポジウムを中止いたします。(2020年3月2日)
 多くの関心を寄せていただき、誠にありがとうございました。

 

 2020年3月21日(土)に国際科学イノベーション棟5階シンポジウムホールで開催します「京都大学・日本財団森里海シンポジウム」の登壇者が以下のとおり決まりました。

 当日は、研究成果の発表やフィールド科学を考える研究者によるトークセッションなど、様々な企画を用意しています。多くの方の参加をお待ちしています。

 参加申込みはこちら
 詳しいプログラムはこちら

 

プログラム1 最新技術で森里海の輪郭を描く:研究成果発表
       (1)川と海で何が起きているか フィールド科学教育研究センター教授 山下 洋
       (2)ビッグデータでつながりを探る フィールド科学教育研究センター准教授 伊勢武史

プログラム2 未来へつなぐ -「見える化」のその先へ-
       (1)地球環境学堂教授 西前 出
       (2)総合地球環境学研究所准教授 石井励一郎
       (3)森里海連環学教育研究ユニット特定研究員 法理樹里

環境省から地域循環共生圏の事例紹介 環境省自然環境局課長補佐 岡野隆宏

 

山下 洋 教授
伊勢武史 准教授
西前 出 教授
石井励一郎 准教授
法理樹里 特定研究員
岡野隆宏 課長補佐