森里海ミニシンポジウム「琵琶湖の環境と生物」

 森里海連環学教育ユニットは、2015年10月24日(土)に京都大学フィールド科学教育研究センター会議室(農学部総合館2階)で森里海ミニシンポジウム「琵琶湖の環境と生物」を開催しました。大学生、小学校教諭、研究者など、さまざまな方面からご来場いただき、58名の参加者がありました。

 まず、中西正己京都大学名誉教授に、生態系の構成要素である物理環境・化学環境・生物群集の3つの側面から、琵琶湖と同じ古代湖であるロシアのバイカル湖との比較も交えて、琵琶湖の特徴について講演していただきました。次に、細谷和海近畿大学教授に、生態学・系統分類学・生物地理学の3つの観点から、琵琶湖に生息する魚の多様性について講演していただくとともに、その多様性を脅かしている外来魚のブラックバスとブルーギルの生態と共存関係について講演していただきました。さらに、京都大学の元職員である石井利和氏には、滋賀県立琵琶湖博物館主催の市民による琵琶湖の環境調査の活動や自宅における琵琶湖の固有魚「ホンモロコ」の飼育について、自然への愛着の心をもってお話ししていただきました。

 パネルディスカッションの際には、地球環境学舎M2の大西広華さんから、所属研究室で取り組んでいる、琵琶湖の外来植物オオバナミズキンバイの分布拡大に関する研究プロジェクトについて紹介していただきました。また、ユニットの安佛かおり研究員から、森里海連環学教育プログラムの実習科目のフィールドである琵琶湖の内湖・西の湖周辺の水質調査の結果と、そこから推察される湖岸のヨシ湿地の生態学的な役割について紹介しました。その後の討論では、陸と湖をつなぐ内湖やヨシ湿地の生態学的な役割や在来魚の保護の観点からの重要性に関して、また、外来種の問題において、立場が違う人々の間では外来種に対する価値評価が異なり、対策に関する合意形成が難しいという点に関して、講演者と話題提供者の間で活発に意見が交わされました。そして、その合意形成を少しでも円滑に進められるよう、研究者にはきちんとした実証データを示すことが求められるという結論でディスカッションは収束しました。

 ○ プログラム:
   14:05 物理・化学環境とプランクトン群集からみた琵琶湖  中西正己(京都大学名誉教授)
   14:45 琵琶湖の淡水魚の多様性と外来魚の影響  細谷和海 (近畿大学教授)
   15:25 琵琶湖岸の魚類調査から学んだこと  石井利和(京都大学元職員)
   16:00 パネルディスカッション「琵琶湖環境の現状と課題」
       話題提供:
       「外来植物オオバナミズキンバイの琵琶湖岸における現状と防除方法に関する検討」
                         (京都大学大学院地球環境学舎修士課程 大西広華)
       「西の湖周辺のヨシ湿地の水質調査から」(森里海連環学教育ユニット研究員 安佛かおり)
       講演者上記3名,コーディネーター 横山 寿(京大森里海連環学教育ユニット特定教授)

IMG_1704 IMG_1694 IMG_1711

講演の様子.左:中西正己 京都大学名誉教授,中央:細谷和海 近畿大学教授,右:石井利和 京都大学元職員

IMG_1721 IMG_1727 IMG_1738

パネルディスカッション.左:話題提供(大西広華 京都大学大学院修士課程),中央:登壇者,右:会場からの質問

 

 

pagetop
Search